カテゴリ: シンガポール旅行

BlogPaint
台湾で初めて食べたとき、美味しさに感動したディンタイフォン。

シンガポールでも、このお店を結構見かけた。

今回は、マリーナベイサンズの店舗へ。

結構混雑してて待ってる人が多かったけど、

30分以内で案内された。


注文したのは…。
IMG_20160813_185818
小龍包と海老入り餃子。

IMG_20160813_190408
海老シュウマイ。

IMG_20160813_191553
チャーハン。

IMG_20160813_184803
ほうれん草の炒め物。

IMG_20160813_184847
サンラータンだっけな?


ほとんどが、海老好きなむすこのチョイス。

すごい勢いで食べてた。

全部美味しかったなー。


その後。

マリーナベイサンズの巨大なショッピングモールをウロウロしたけど。
IMG_20160812_124156
高級ブランドの店がほとんどなので、ほぼスルー。

疲れるだけなので、ブランドに興味のない人は行く必要はないような…。


途中にこんなのがあって目が奪われたけど。
IMG_20160812_130930
水が上からバーッシャーンって。←ボキャブラリーなさすぎ。


マリーナベイサンズは、遠目から見るのがいいのかな…。
IMG_20160812_151903

ちなみに下からはこんな感じ。
IMG_20160812_132853
1度は泊まってみたいなー。

1泊だけでもすればよかったかな。






IMG_20160813_151449
ムスタファセンター。

日本で言うとドン・キホーテみたいな所で、

休日は地元の人たちでごった返すと聞いてたから、

行くつもりは全くなかったんだけど。

お昼ご飯を食べたレストラン(ヒルマン)から、すごく近かったので行ってみた。
 ⇒関連記事⇒美味しかったヒルマンのペーパーチキン。でも…。

その日は土曜日だったから、ものすごい混雑。

地元の人と、観光客で本当にごった返してた。

↑の写真に写ってるように、入口にはセキュリティー。

私たちは大きなバッグを持ってなかったからか?大丈夫だったんだけど、

バッグを開けられないように、結束バンドでとめられてる人も。

買った荷物もこんな感じで結束バンドでとめられます…。
IMG_20160813_212115
でもここは本当に物価が安い。

IMG_20160826_225546
シンガポールのお土産として有名な、ヘアートリートメントをゲット。

インドネシア産だけどね…。

日本人の若い女の子が「これ使ってるー」って言いながら見てたので、

オススメを教えてもらった。

色んな色のがあったけど、ピンクのがいいらしい。

1つ1.5ドル。120円位。

ばらまき土産に最適。

さらさらのオイルかと思ってたけど、ジェルっぽい感じ。

香りは強め。

使い心地は、髪がしっとりして悪くなかった。


IMG_20160815_123250
パイナップルタルト。
IMG_20160815_123306
320円ぐらい。
IMG_20160816_131752
パッケージの写真とずいぶん違うけど…。

味は悪くない。

有名なブンガワン・ソロのパイナップルタルトを食べ逃した私。

でもシンガポール通の友達に食べてもらったら、これでも充分だと…。

すごく美味しいって訳じゃないけど、この値段でこの味だったらOKかな。


他にもお土産によさそうなお菓子とか、

安い化粧品なんかが沢山あったけど。

混雑してたからゆっくり見られなくて断念。

後で思い出したけど、アーユルヴェーダの石鹸を買いたかった…。

最終日に行ったから、予定をつめてたからねー。

平日に行けばよかったな。


後で知ったけど、24時間営業だったみたい…。

いつでも行けたのに、ちょっと心残り。

 




IMG_20160814_093625
シンガポール滞在中、よく行ったスーパーがFairPrice。

ホテルの近くに2軒あって、1軒は24時間営業だった。

色んな物を買ったけど、その一部をご紹介。


まずは。
IMG_20160811_203221
この前も書いたけど、ヤクルト。


IMG_20160811_215824
アロエヨーグルト。
IMG_20160811_215837
写真だとわかりづらいけど、ほんのり緑色。

何ていうのかなー。味は粉っぽい感じ?美味しくない…。

これはギブアップー。

って事で。
IMG_20160813_090720
これは明治のだし、間違いないだろうとリベンジ。

やっぱり普通に美味しかった。

アロエヨーグルト、好物なんですー。

でも1つ2.7ドル位で、高かったなー。220円位?


IMG_20160812_213550
ここのスーパーのプライベートブランドのスナック。

歯ごたえがあって、ちょっとスパイシーでおつまみにグッド。

60円位だったかな?


IMG_20160812_092928
キャッサバチップス。

キャッサバって何かと思ったら、タピオカだって。

これも歯ごたえがあって美味しかった。

友達からも好評。

120円位。


IMG_20160811_215908
オレオのTHINS。

普通のオレオよりも薄いもの。

これは珍しいからか、カゴに入れてたら他の観光客らしき人から、

「それどこのあったの?」と聞かれた。

なので、お土産にいいかなーと思ったんだけど…。

薄くて食べやすいんだけど、味がいつものオレオと違う気がして…。

ちょっとイマイチだったので、お土産にするのはやめましたー。


IMG_20160812_213703
カヤジャム。

どちらも美味しくて、もっと買ってくれば良かったー。


IMG_20160826_214643
カップヌードル・ラクサ味。

まぁまぁかな…。


IMG_20160826_214725
ドライマンゴー。

シンガポール産ではないけど、ばらまき土産用に。


こんな感じ。

安くてかわいい化粧品や文房具、日用品なんかは皆無。

だから他の国と比べると、スーパーでの買い物はそんなにワクワクしなかったかな。

シンガポールオリジナルの物ってほとんどないからか、物価も高いしね…。

でもフルーツは、安くて美味しかったですよー。






IMG_20160813_141549
シンガポール通の友達に教えてもらったヒルマン。


IMG_20160813_141553
ペーパーチキンが有名なこの店。

ペーパーチキンって何?って思ったけど。
IMG_20160813_134312
紙でチキンを包んだまま揚げたもの。

中身はこんな感じ。
IMG_20160813_134509
紙で包むと旨みが凝縮されるのか、肉汁もたっぷりで美味しい。


その他に頼んだのは。
IMG_20160813_133805
青菜の炒め物。

IMG_20160813_134531
チャーハン。

IMG_20160813_133906
焼きそば。

IMG_20160813_140421
杏仁豆腐。

これはちょっとイマイチ…。


でもこれ以外は全部美味しかったー。

ただね…。

値段がかなり観光客価格…。

2階に案内されたんだけど、フロアー全員日本人。

日本人価格か…?

これとタイガービールを3杯、オレンジジュースを1杯頼んで、

100ドル位払った…。

ちょっと高すぎるよねー。

サービス料も入ってたけど、サービスなんて言えるほどのものでもなく…。

店の人の感じは余りよくなかったかなー。

まぁ美味しかったからいいんだけどね。






toast-1077881_640
シンガポールで、朝食やおやつによく食べたのが、カヤトースト。

トーストにカヤジャムとバターがはさまってるだけの、シンプルなものなんだけど。

カヤジャムとは、ココナッツミルクから作られてるジャム。

これが何ともクセになる味で、なかなか美味しい。

宿泊してたアマラシンガポールホテルから、

直結してるフードコートに2種類のカヤトーストの店があって、何度か利用した。

1つは、トーストボックス。
IMG_20160814_093657
ここはいつも行列が出来てた。
IMG_20160814_084821
コピと呼ばれるローカルなコーヒーと、ゆで卵のセット。

コピはコンデンスミルクが入ってるので、必ずブラックでオーダー。

で。

本当は、半熟卵をトーストに塗りながら食べるのがツウらしいけど。

私はしなかったー。

バターは薄くスライスしたものが、カヤジャムと一緒に挟んである。

値段は安くて、カヤトーストは1.6ドル。

カードの請求を見たら、1シンガポールドル76円で計算されてたから、

かなり安いよねー。


満席で座れないときは、ホテルの部屋で食べたり。
IMG_20160812_163608
すっかりハマったー。


もう1つは、ヤクンカヤトースト。
IMG_20160813_113932
ホテルの隣のフードコートにもあるとは知らず、

オーチャードの高島屋で買って食べた。
IMG_20160813_114002
こちらはパンに味がついてて、ほんのりと甘い。

ここのカヤジャムは、お土産としても有名らしい。


私はスーパーで、お土産と自宅用のカヤジャムを購入。
IMG_20160812_213703
前に友達から同じ物をお土産でもらって、美味しかったので。

これは1.5ドル位だったかな。

これで家でもカヤトーストを作って食べてる。

まだまだシンガポール気分が抜けないなぁ…。






↑このページのトップヘ