カテゴリ: 勝手な持論

flower-247409_640
うんうん、わかるー。

私みたいに1日家でぐうたらしてる主婦が、

晩ご飯さえも作らなかったらねー。

そりゃあうちの夫も、呆れて別れを切り出すかもねー?


でもでも…。

今回の話はそんなんじゃなくて。。。

フルタイムで働いてる同士の話。

結婚はしてないんだけど、長年同棲してたカップルの話なんだけど…。


その理由で別れを切り出したのは、男性側。

どうやら相手の女性は、前はご飯を作ってくれてたらしいんだけど…。

段々作らなく(作れなく?)なったとかで。。。


でも、その女性もフルタイムでバリバリ働いてるらしく、

しかも専門職で、心身ともに疲れそうな仕事。。。


それなのに…。

「ご飯を作ってくれないから別れた。」ってー。


100歩譲って、そう言ってるのが昭和世代のおじさんだったらまだわかる。

でもそれを言ってるのは、20代後半のまだ若い人。。。


そして、

「そんなんだったら、こどもが生まれたら困るし。」とも…。

うわー。

子育ても女性だけがするものだと思ってる感がヒシヒシ。


今の若い人って、共働きが当たり前になってきてるから、

男性の考え方ももっと進歩してると思ってたー。

まぁそれも人によるんだろうけど。。。


そう。

まさに人によるよねー。

って思ったのは…。

その男性は、その彼女と別れてすぐに、別の女性と付き合い始めたらしく…。

いやいや、それは別にいいんですけどねー。


何かねー。

イマドキっぽくって、いかにもモテそうな感じでねー。

今回も?女性の方から猛烈にアタックされたそうで。。。

そういうタイプの男性だから、

女性に尽くしてもらうのに慣れちゃってるのかなー…と思ったわけだなー。


…ってさー。。。

完全に私には無関係な話なんだけどねー。

何だかよくわからないけど、ちょっとモヤモヤしたんだなー。


でも、前の彼女は別れて大正解だわー。

逆にご飯を作ってくれるようないい人が?

きっとまた現れるんじゃないかなー。。。


apple-1051018_640
「あなたは知らないうちに人を傷付けてるのよー。」

みたいな…。

こんな昭和のトレンディドラマのようなセリフ。

言った人や言われた人って、実際にいるんだろうか???


はい、いますよここにー。

しかもバリバリ平成の世の中になってから。


まずは。。。

学生時代、友達から相談された。

このセリフを幼なじみの友達に言われて、

「私ってそういうところある?」と聞かれた事。。。


私はその友達に対して、そんな印象を持った事はなかった。

今でもその友達とは仲がいいけど、そんな事は思った事は一度もない。

なので、

「そんな事はないから、気にしない方がいいよ。」と言った。


そしてその数年後。。。

当時付き合ってた元カレから、私がこのセリフを言われた。

何が原因かは忘れたけど、言われた事はよく覚えてる。

あー、これは前に友達に相談されたやつだー、って思った記憶もある。


で、それに対して私が思った事は…。

「面倒くさいなー。。。」

このひとことだった。←性格悪いのは昔から…。


傷付けたなら確かに申し訳ないけど。。。

でも、これを言われて何がモヤモヤするって?

このセリフを言う人って、

このセリフが言いたいだけなんじゃないか?

そのセリフに酔ってるというか???


そもそも。。。

みんなそうだと思うんだけどなー…。

自分でも知らないうちに、誰かを傷付けて生きてるような気がするんだけどー。

だってさー、誰が何に傷付くかなんて、本当に人それぞれなわけで。。。


まぁ、傷付いたって相手に言えるって事は、

それだけの仲なんだとは思うけど…。

そしてそれは、わかって欲しいっていうアピールなんだろうけどさー。

だからそう言われて悪いと思ったら、素直に謝るのが一番なんだろうけど…。

でもその言い方をされると、何かモヤっとするというかねー。


で、思い出したけど。

この元カレって人は、怒るポイントがよくわからないタイプで。。。

なーんか突然キレたりするんだなー。

一度、「何で怒ってるのかわからない。」と、思わず口走ってしまったら、

もっと怒らせるハメになったから、

それ以来は悪いと思ってなくても、とりあえず謝るようにしてたんだった。

そんなんだったから、もちろん上手くいくはずもなく。。。


明らかに傷付けようとしてるならダメだけど、

知らないうちに誰かを傷付けてしまうのは、

日常では実は結構よくある事で、

お互い様だし、仕方ないのかなーと思うんだけど。。。


でも、今の時代はこんなセリフじゃなくて、

「空気が読めない」みたいな事を言われるのかなー。

いつの時代も、コミュニケーションって大変だなー。。。








peonies-2044874_640
今の人って、40代以降でもキレイな人が本当に多い。

その中でも特に目を引く人って。。。

顔はもちろんの事、スタイルや姿勢までもキレイで、

ファッションもオシャレだったりする。

いわゆる「美魔女」的な人???


でも私は、美魔女って言葉は好きじゃない。
 ⇒関連記事⇒美魔女と呼ばないで?!

なぜなら…、単純な褒め言葉とは違う、

何となくネガティブな要素を含んでる感じがするから。


何ていうか。。。

「意識高い系~」と同様の?

頑張ってます!って感じの人を、小バカにするような感じ???

そういう世の中の風潮が、

美魔女って言葉を、ただの褒め言葉ではなくしたんだろうけど。


でも、よくよく考えると。。。

美魔女って言われるような(言われてしまう?)人って、

多分若い頃から「美」への意識が高いと思うんだよねー。

で、その中の多くの人は、

「美魔女」って思われたいがために、色々やってるわけでもないと思うんだけど…。


実際には、顔が童顔だから若く見える人も沢山いると思うけど、

童顔ってだけでは、美魔女にはなれないしね…。


美魔女的な人って。。。

やっぱり若い頃から自分の見た目に興味があって、

美容やメイク、体型維持のための運動や、

ファッションなんかが、単純に好きなんだと思う。


そう考えると、

年を重ねても目を引くほどのキレイさって、

決して1日にして成らずっていうか、

コツコツと積み上げてきたものなんじゃないかなーって、ふと思った。


あとさー。

色んな技術…例えば化粧品とかプチ整形的な事とか?

これらはどんどん進んでると思うから、

今後は40代以降でも、キレイなのは当たり前の事になってくるかもねー。

そうなったら、美魔女って言葉もなくなるか、

60代、70代への言葉になったりしてー???








wisdom-92901_640
仕事なんかをする上では、完璧主義な事はいいのかもしれないけど。

人生において、変なところで完璧主義を発揮してしまうと、

前にすすめなくなるって事はないだろうか???


例えば、結構誰にでもありがちなのは、

〇〇になったら、〇〇する。。。みたいな完璧主義。

「痩せたら、オシャレする。」

「お金が貯まったら、旅行に行く。」

「成功したら、同窓会に出る。」

「キレイになったら、婚活する。」

「もっといい人が現れたら、結婚する。」

「知識を得たら、行動する。」

などなど。。。

未来の自分を想定して?

こういう思考になってしまう事って、

日常生活では意外とあるような気がする。。。


それから、今までの自分を振り返ってみると…。

コツコツと頑張ってきた何かがあって、

でもその途中で1度でも失敗してしまったら。。。

雪崩のように全てがダメになってしまうという…。

ダメになってしまうというか、自分でダメにしてしまうんだよねー。

これも変な完璧主義のせい。。。

だからこのブログも…。

毎日コツコツ更新してるけど、もし1日でも更新出来なかったら。。。

そこで変な完璧主義を発揮してしまったら、

ブログをやめてしまう可能性もあるってわけだ…。


でもでも。。。

変な完璧主義は、人生には必要ないって事に気が付いた。


〇〇になったら、〇〇する…っていうのも。

これもねー。

結局は自分に自信がないからで、

行動する事をためらってるだけ。

そして結局何も行動しないから、決して、〇〇にはならないの。

で、気付いた時にはまだ同じところにいて、

年だけ重ねてる…ってね。。。

悪循環だねー。


そうだー。

変な完璧主義は、前にすすむのを阻んでくる。

「今」が大切って事を気付かせてくれない。

だからその変な思考は今すぐやめよう。

変な完璧主義は捨てて、

完璧じゃなくてもいいから、どんどん前にすすもうー。








branches-1836331_640
私が社会人になった頃。

まだ若かったから、自分でも自分の事を知らなかった。

だから通勤時間が多少かかっても、

都会にある、ワンフロアーに沢山人がいるような会社を選んで、

そこで働き始めた。。。

私の周りの友達も似たような感じだったし、

流れに身を任せたら、そうなったっていうのもある。

でもそれは、特にやりたい事がなかったからなんだけど…。


でも。

入社して早々に、ストレスを感じ始めた。


まずは通勤ラッシュ。

これには本当に耐えられなくて、

結局毎朝早起きして、すいてる電車に乗る事にした。

でも、今度は早起きがストレスになった。。。


そして。

沢山の人が周りにいる環境が、ストレスになる事に気付いた。

でもそれは、無理に周りに合わせ過ぎて、

勝手に自分で疲れてたんだけどねー。


それから。

怖い女の先輩がいて、

使っていいはずの会社の制度が使えなかった。

他の部署の同期は、全くそんな事はなかったのに…。

これも結構ストレスだった。

でもそれも段々と開き直って、気にしないようにはなったけど、

先輩から嫌われてるのは明らかで、それもまたストレス。


ストレスを感じるのって…。

自由さが奪われる時だと思う。。。

無理して早起きして、

無理して会社や誰かに合わせる時。


これってただのわがまま???

まぁそうとも言えるけど…。


でも。。。

自分が何にストレスを感じるかがわかってきたら、

それを排除して生きてもいいんじゃないか?


そんな事はみんなわかってるけど、

出来たら苦労しないって???


さっきの話に戻ると。。。

その会社での色んなストレスからか?

私は過食気味になって、ブクブクと太り始めた。

その自分の姿を見るのも本当にストレスで、

精神的にも結構まいってたと思う。


だから結局数年後には、私はその会社を辞めた。

周りからは、「もったいない」と言われたけど、

私は心から嬉しかった。

ついに解放されたー!とさえ思った。


そしてその後は、

特にやりたい事があった訳でもないし、

自分がストレスに感じる事はやめようと決めた。


なので、まずは始業時間が遅い会社を選んだ。

多少帰る時間が遅くなっても、その方が自分には合ってるとわかった。

そしてそこは、もちろん少人数の会社で、

年配の男の人が多くて、かなり気楽に自由に過ごせた。

前の会社にいる頃に比べたら、

ストレスはかなり軽減されたと思う。。。

というか、パラダイスだったと言ってもいいかも…。


その後。

結婚してこどもが生まれて、ストレスの種類は変わってきた。


例えばママ友関係。

これも何だかんだでストレスだから、

最近は段々とフェードアウト。

そしたら、めちゃくちゃ快適。。。


こうして考えてみたら、

私の人生はフェードアウトが多いのかも?


でも。。。

周りに迷惑をかけてる訳じゃないし、

それで自分が快適になれるなら、いいんじゃないかなー。


我慢してストレスに耐え続けても、

病気になったりしたら意味がないしね。。。


ストレスから逃げるのは、

悪い事でも恥ずかしい事でもないと思うなー。

例え逃げる事になったとしても、

新たな一歩を踏み出すきっかけにはなるだろうし。。。


…って。

呑気なひきこもり主婦に言われてもねー。。。








↑このページのトップヘ